人気ブログランキング |
>

志木躰道協会


↑この日誌の親ページです。ぜひ見てくださいね!

※投稿に対するコメントは志木のメンバーでなくても自由に書き込みできます!パスワードは第3者による削除防止の為のものなので、適当に設定していただければOKです。例えばこちらに連絡が取りたいときなど話題と関係なくてもどんどんコメントしてください!
> 以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2011年 06月
2011年 05月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 04月
2005年 03月
第29回全国社会人躰道優勝大会 結果
9月16日(月祝)に第29回全国社会人躰道優勝大会が行われました。

埼玉県チーム、先生方の団体法形が準優勝!
小林先生、濱田先生、植田先生、田部先生。
おめでとうございます!
前日、千本蹴りをした小林先生は「さすがに足にきていた」とおっしゃっていました。
あれで何ともなかったらロボですよ。
足がキツくてもやり通す。しかと受け取りました。


# by shikitaido | 2019-09-20 21:00 | 大会
2019年 秩父合宿!
9月14日から15日。
秩父の美津根園にて志木市躰道協会の合宿が行われました。
ここで合宿するのは4年ぶり。(生活編稽古編)

以前と同じように班行動。
班員は班長の言う事を聞く。
班長は責任を持って行動する。

結果的に事故もなく無事に終えられた訳ですが、確実に絆は深まったと思います。
ただ、夜更かしは程ほどに。誰とは言わないけども。

今回は21人の子供が参加。
保護者は7人だったので車が足りず、電車での移動となりました。
これは初の試み。
行く段階から班行動。合宿が始まっています。
寄居駅では秩父鉄道のSLと出会えました。
みんなテンション上がっていましたね。乗れないのを残念がっていました。
引率する側も、口を出す所、出さない所、上手く見極めながらの道中です。

レクリエーションについては、躰道クイズ。
審査を意識しながら4年前よりかなりレベルを上げました。
とはいえ上の子達の不出来っぷりに驚いたもんです。
普段の稽古で先生方が言ってる事だぞ。


さて。
稽古については基本的にいつもと変わりません。
4名の先生方による指導の元、変わるのは環境。雰囲気。畳の硬さ。
様々な畳で稽古していれば、どんな会場でも違和感なく躰道ができるでしょう。
で、いつもと違うのは二日目の締め稽古。
最後の千本突き。からの千本蹴り!
ただでさえ早朝ランニングをしているのに、これはキツい!
ど根性でやり切る子、ちょこちょこ手を抜く子、本気出し過ぎてヘロヘロの子、自分が声出しの時だけ頑張る子、諦めて適当にやる子、様々な性格が感じ取れました。
こっちはちゃんと見てるんだぞ。ぜーはー。(一緒にやった保護者3人ボロボロ)

なお、子供達と対面する一番手を抜けない場所でやっていた小林先生は、次の日久々に選手として出る社会人大会が控えているというのに本当にありがたい事です。


帰りも電車。
こうやって同じ釜の飯を食って、同じ部屋で寝て、移動も一緒で、躰道以外でもいい経験になったんじゃないかなあ。
電車もアリですね。大変だけど。

深まった絆で、審査も乗り越えて貰えればと思います。


最後に、社会人大会直前という忙しい時期に指導して下さった先生方。
ご協力いただいた保護者の皆様。
美津根園の皆様。
ありがとうございました!
必ずこの経験は子供達の糧になります。
c0075268_14532522.png

# by shikitaido | 2019-09-19 21:00 | イベント
月刊 秘伝
武術系雑誌 月刊秘伝で躰道特集が組まれたのでご紹介します。

月刊秘伝 2019年10月号
躰道の法形と展開競技
「常の身」が生む! 変幻自在な“武技創造”




秘伝で特集が組まれるのは6年ぶりでしょうか。

なかなか一般にアピールする機会が少ないので、こういう記事は
嬉しいですね。

(足)

# by shikitaido | 2019-09-17 12:30 | 躰道について
2019年9月1日(日)
早いもので9月です。
審査を1ヶ月後に控え、特に初審査となる白帯軍団が頑張っております。
みんな上手になっているので、このまま頑張れば飛び級も狙えるかも?
いずれにしても「飛び級してやるぞ」くらいの気持ちで普段の稽古から挑んでくれると、審査だけでなくその先へと繋がっていくので、是非、チャレンジ精神を持って励んで貰えればと思います。


それはそれとして。
9月14日~15日は秩父で合宿を行います。
あっという間ですね。
しおりを中二女子が作ってくれたので、参加する子で貰っていない子は言って下さい。
c0075268_18391416.png

# by shikitaido | 2019-09-06 21:00 | 稽古記録
志木市長に会ってきたよ!
先日、全国大会でメダルを取った志木在住の6名(1名欠席)が香川市長を表敬訪問しました。
大会とは違う緊張感の中、それぞれの思い、今後の目標などをハッキリとした口調で表現してくれたようです。
c0075268_12532850.jpeg

市長からも躰道を通じて「志木市」をアピールしてくれたら嬉しいです。これからも頑張って下さい!
とのメッセージを頂きました。

確かに躰道界限定ではありますが、ここ数年で「志木市」の知名度はうなぎ昇りです。
躰道そのものの認知度が上がれば自然と「志木と言えば躰道、躰道と言えば志木」くらいになれるポテンシャルは持っていると思っているので、とりあえず目先の目標として、来年はもっと沢山で市長に会うぞー!
c0075268_12532505.jpeg
躰道を気に入ってくれている香川市長。
ありがたい事です。

# by shikitaido | 2019-09-05 21:00 | イベント
第40回熱海市躰道優勝大会報告
8月25日(日)南熱海マリンホールにて熱海市躰道優勝大会が
開かれました。

今回から中学生の部がなくなり、小学生のみの大会です。
志木からは4名+1名が出場しました。

アットホームな大会で、トーナメントは恒例の当日抽選。
誰と対戦するかは直前まで分かりません。
その中で、さすが結果を出せた子もいれば、ちょっと不本意な
結果に終わった子、それぞれの姿が見えました。

  初階法形 優勝
       準優勝
  中階法形 優勝
       3位
  中階実戦 準優勝


スムーズに進行し、考えていたよりかなり早く終わったので、
渋滞する前に帰れたのが助かりました。

運営の先生方、ありがとうございました。

(足)

# by shikitaido | 2019-08-30 22:00 | 大会
9月以降の予定
日曜日の稽古は11時半までとなります。
11時半以降は高校生以上のみ

情報が二転三転する可能性もありますので定期的にチェックして頂けると助かります。
今後、色々と行事が判明する場合もあります。



・8月25日(日)
南熱海マリンホールにて熱海大会があります。
小学生のみ参加可能。
出場しない選手は通常稽古です。

・9月8日(日)
武道館での稽古となります。

・9月14日(土)~9月15日(日)
秩父合宿。
参加者は9時25分にふじみ野駅構内に集合です。

・9月16日(祝月)
東京武道館にて全国社会人大会があります。

・9月29日(日)
神奈川県大会が東海大学湘南校舎武道館で行われます。
出場しない選手は通常稽古となります。

・10月6日(日)
令和元年度、上期審査会。

・10月13日(日)
武道館での稽古となります。

・10月27日(日)
秋ヶ瀬スポーツセンターでの稽古となります。




特に何も表記していない日曜日と水曜日は、通常通りの稽古となります。

日曜日:午前9時~午前11時30分(高校生以上は正午まで)
水曜日:午後7時~午後9時

志木市民体育館柔道場
# by shikitaido | 2019-08-23 21:00 | 予定一覧
2019年8月18日(日)
子供    25名
先生    5名
一般    2名

台風一過、うだるような暑さでの稽古でした。

いつもと流れを少し変えて、準備体操を解説を頂きながら実践しました。
 ・一つ一つの動きの意味を考えて動かすこと。
 ・指先、爪先まで意識をすること。
 ・体軸を意識すること。

これは目からウロコで、普段の準備体操に比べて、全然効果が違うことが分かりました。 意識することの大切さを改めて教えていただいたので、これから気を付けねば。

そして筋トレ。 一つ気になったことは壁倒立です。
一部戦士たちの倒立時間が段々伸びています(笑)。
通常60秒ですが、以前から10秒前の声がかかると、何人かは自主的に始めていました。それがとうとう90秒に! 
実際やると分かりますが、90秒はかなりキツイ。でもライバルが始めていると、俺も負けていられない!という気になるのでしょう。
いい傾向だと思います。
新人の子達も、きれいな倒立(ちゃんと肩が入っている)ができる子が増えてきました。 馬跳びも、確実に上達しています。
子供達の上達は早い。 日々の積み重ねが大切ですね。

こまめに休憩をはさみながら、グループに分かれて法形の稽古。
来週は5人の戦士が熱海大会に参加します。
その他メンバーは10月の審査が次のターゲットとなります。

自分の目標を決めて、しっかり頑張りましょう。

(足)

# by shikitaido | 2019-08-21 12:00 | 稽古記録
第41回 全国少年少女躰道優勝大会
いよいよ全国大会が埼玉に!
コンディション調整が有利に働くホームアドバンテージをどこまで生かせるか。
8月4日(日)に上尾の埼玉県立武道館にて全国少年少女大会と全国高校生大会が行われました。

さあ来い全国!

しかし大会直前、志木の子達にとって一番聞きたくなかった知らせが届きます。
志木道場の屋台骨を支えてきた浜崎先生が永遠の旅立ちへ。
現実は非情で残酷で、気持ちを切り替える隙間もなく即大会本番です。

浜崎先生の性格からすれば天に行く前、絶対上尾に寄り道しているはず。
安心して送り出す為にも、子供達の「戦う理由」が大きく変わりました。
先生に「なんだよ!やれば出来るじゃん!」と思って貰える試合を。
先生が手を叩いて喜んでくれるような試合を。
下なんて向いてる場合じゃない。
出場者16名。魂を込めて。いざ!



低学年女子法形
兄は言わずと知れたフィジカルモンスター。
そして、その兄よりも恵まれた体格を持つ最強の妹。
去年は緊張で飛んでしまい、フワッと入って初戦で終わってしまった反省を踏まえ、この大会に照準を合わせて猛練習。意識も大きく変わりました。
この世代、稽古に対する姿勢に関しては頭抜けた存在。
最近では、腑抜けた態度を取ると母ちゃんだけでなく父ちゃんからも檄が飛んできます。
入念な準備と集中と緊張感を高めて挑んだ二度目の挑戦。
初勝利から、なんとなんと優勝でございます。
兄の実績が凄すぎるからか本人ケロっとしておりましたが、さすがにいつもよりニヤニヤが多かったかな。おめでとう!
推薦枠獲得で来年挑む後輩たちにも道を作ってくれました。

低学年男子法形
志木からは毎年全国に秘密兵器が投入されます。
今回は満を持しての登場、ついにベールを脱いだ期待の一年生。
山梨の地での優勝を経験し、自信を持っての全国初出場です。
正確な旋回を武器に着々と勝利を重ね、気が付けば四位入賞。
惜しかった!メダルまであともう一歩!
ただ、まだまだ一年生。どこまで育つか楽しみです。

高学年女子法形
練習の虫。負けず嫌い健在。しかし課題は山積。
スイッチが入ればこの子はブーストがかかります。
その強さで二年前の決勝のリベンジは果たしました。
しかし、去年のチャンピオンに負けました。
リベンジすべきターゲットが増えました。
私より強い人に会いに行く。
三位決定戦はしっかりと勝ちを収め銅メダル獲得です。
来年は推薦枠での出場となります。

高学年男子法形A
躰道界、子供でその名を知らぬ物はいないのではなかろうかというくらいの大エースへと成長した男はまだまだ止まりません。いや止まれません。
止まったら、すかさず先生より怖い母ちゃんの檄が飛んでくるから。
正確な構え、ブレない体軸、スピード、止め、そこに加えて緩の部分まで備えて完全体に近付ける。
選手宣誓まで行い尋常でないプレッシャーのある中で圧倒的に優勝。二連覇達成。
さらに、二年連続最優秀選手賞受賞。
歴史はあるけど風前の灯だった道場から始まるサクセスストーリー。
まるで漫画の主人公みたいだ。

高学年男子法形B
志木が誇る二枚看板。
おととしはベスト8。去年は三位。
三度目のこの競技で正確性を武器に着々と確実に実力を上げている男は、ついに絶対王者の背中を捉えます。
密かな思い。他のヤツにはやらせない。あの男の連勝を止めるのは僕だ。静かな闘志。
そして迎えたのは全国大会決勝の舞台での同門志木対決。
こんな贅沢な事ってあるだろうか。
惜しくも届かず準優勝ではありましたが、「同門決勝は凄い事」と小林先生をも唸らせる、歴史を刻む一戦だった事は間違いありません。
見応えのある試合で価値あるワンツーでした。

高学年男子法形C
推薦枠で空いた所に入ったのは志木の狂犬。
実はこの種目、初エントリー。層の厚さを感じます。
志木四強総取りを目指しましたが、去年の準優勝者に敗れました。ただ、惜しかった。
届かない場所ではない事は前の二人が証明しています。まだまだ伸びる。
ベスト16です。

高学年男子法形D
推薦枠が二人いたため出場が可能に。
三年ぶりの個人法形です。
この学年では唯一、全国大会五年連続出場ではありますが、抜きつ抜かれつ。
乗ってくれば強い男なのですが、本人的にも不甲斐ない初戦負けという結果に終わってしまいました。
ただ、このままでは終われません。後述の団体実戦へ。

中学生女子法形A
この種目、五度目のエントリー。
さらに四年連続三種目出場。
古豪志木復活の草分け。
全てはここから始まったと言われる少女も気が付けば中学生。
長い長いスランプ状態からようやく抜け出したように思える法形で旗割れベスト8です。
スランプ時期を取り戻すこれからの成長が楽しみであります。

中学生女子法形B
中学三年生、全国二度目の出場。
一年間でしっかりと伸ばしてきました。
いつものクールなポーカーフェイス。
絶対練習未満にならない練習通りの素晴らしい法形。
初戦敗退ではありますが、最後の少年少女大会。出し切ったと思います。
来年は高校生だね!

中学生男子法形
中学三年生にしてこの種目初出場。つまり最初で最後。
ようやく巡って来たチャンスでしたが、緊張からかかなり焦った法形になってしまいました。初戦敗退。
ただ、やっぱり法形で不甲斐ない結果になってしまった子はなぜか実戦で爆発します。
謎の伝統。後述。

高学年女子実戦
女子のエースがこの種目初出場。
連技を覚え手数多く攻め立てますが、カウンターを食らってしまい「法形の負けより悔しかった」という初戦負け。
負けず嫌いは既に「来年は法形と実戦で二冠」という目標を掲げており、更なる進化を見せてくれる事でしょう。

高学年男子実戦A
初挑戦の去年は初戦のバッティングで心が折れてしまいました。
その悔しさを忘れず、相手を制する「躰道」で勝つ事にこだわり抜いての挑戦。
これがエースのエースたる所以。
構え、運足、運身、角度を取って、跳んで、とにかく「躰道の実戦」をやる。
しっかりと「躰道」をやり抜いての準優勝。
負けた事は悔しいですが、誰よりも「躰道の実戦」だったと思います。

高学年男子実戦B
確実に強さの歩みを進める男はついに個人実戦でも切符を掴みました。
この種目全国初登場。ただ、試合中散々尻を蹴られまくり、かと思えば顔面に食らったり、それでも弱気になったらおしまい。
我慢して、上を向いて、戦う気持ちを全面に。全国初勝利。ベスト8です。
そして、来年再び激戦区である中学生実戦の予選にその身を投じていくのです。

中学生女子実戦
去年、中学生でも十分通じる事を示した訳ですが、そこからさらにパワーアップ。
今年の個人種目はこれだけ。
当て感抜群。そしてバッティングでも痛がらない気持ちの強さ。
涼しい顔でも足は痣だらけ。相手にとっては脅威です。
そして、チャンピオンキラーっぷりも健在。
決勝では最後の最後に貰ってしまい準優勝。
個人、二度目のメダルです。

中学生男子実戦
二年前は全国大会、当落線上でした。
当時、浜崎先生によるミット打ち猛特訓で滑り込み選出からベスト8。
去年は瞬殺でやられてしまいましたが、今年はそんな無様な姿は見せられない。
誰に?決まってるだろ浜崎先生にだよ!
縦横無尽、上から横から。全く技が出せなかった姿はそこにはなく。
最後の全国、不甲斐なかった法形を吹き飛ばす堂々の四位です。
谷先生にも褒めて頂きました。

団体法形競技
誰よりも全国への思いが強い六年生五人目の男。三年ぶりの全国へ。
彼は出られなかった間も、出場するメンバーのサポートに徹し、腐らず一生懸命に躰道に打ち込んでいました。彼をリーダーに任命。
そこに、躰道歴の割に稽古に対する心構えがなっていない四年生二人、一年生ひとりを加えての団体法形競技。
結成当時はそれはもう酷いものでした。
問題児三人、話を聞かない、そもそも聞く態度ではない、頭の抱えるリーダー六年男子。
「団体なんだぞ!全国なんだぞ!」響かない三人。
それでも根気よく付き合ってくれたのは浜崎先生でした。
徐々に心構えも変わり、滅茶苦茶だった法形も見られるものになってきました。
最後のピースは個人実戦の権利を蹴って団法に加わった中一女子。
道場を背負う覚悟を持った決断です。
他のメンバーとしても、個人を蹴ってまで加入してくれた先輩を裏切るわけにはいきません。
構え、技、運足、とにかく正しく。
そして、本番。
「今回に関しては結果はどうでもいい。浜崎先生に褒めてもらえる物を見せて来なさい」と送り出し、これまでで一番良いものを見せてくれました。
これなら先生も納得?してくれるかなあ???
リーダーの小六男子を中心に、最後はよくまとまった良いチームでした。
件の三人は、これから次の世代を引っ張っていかなければいけません。
今後、自覚を持って稽古に取り組みましょう。
リーダーも人間的に一回り成長したように思えます。来年、激戦区となる中学生でその成長を見せてくれるでしょう。
なお、10チーム中7位でした。

団体実戦競技
これ、全国でエントリーするのってどれくらいぶりなのだろう?
歴史の事は分かりませんが、話に聞いていると20年じゃ利かないくらい遡らなければならないと思います。
中学生一名を坂戸、残りを志木という連合ドリームチーム。
個人実戦から漏れた狂犬がその牙を研いで待ち構えています。
同じく個人実戦から漏れた実戦番長がギラギラしながら出番を待っています。
滑り込みで選考会を勝ち抜いた連技マシーンが落選メンバーの思いを背に仁王立ちしています。
さあ、いよいよ出陣だ。
初戦、去年準優勝のチーム相手に志木勢全勝による4ポイント奪取で準決勝へ。
準決勝、優勢負け、一本負け、引き分け。
もう後がない状態からの一本勝ち、優勢勝ち。
ポイントは並んだ。一本勝ちの数も並んだ。技有、有効、全て並んだ。
珍しい代表戦へ。
選手の選択権はこちら。
大舞台に強い狂犬を使いたかったのですが、連戦になってしまうため厳しい。
どうする?誰を使う?
そこに志願をしたのは、過去プレッシャーに潰され全国の実戦でまるでいいところのなかった実戦番長でした。
「今日は俺の日だから」
先の試合では完璧な跳び旋状で一本勝ちしており体力も自信も十分。
これならいける。
抜擢に応え、躍動しまくり三次元の実戦で相手を圧倒。大逆転勝利でドラマチックに決勝進出!
惜しくも決勝では負けてしまいましたが、大会の大トリである団体実戦決勝に出られた事は貴重な経験になりました。
銀メダル、おめでとう!いやあ、さすがに決勝の相手は強かった!

団体展開競技
初めてメンバーチェンジなし背番号も同じで挑んだ今年の展開。
中学三年生がいるので、このメンバーでやるのは今年が最後。
10チーム中7番目の登場となる今回の展開。
余裕を持って入れます。
毎年書いていますが、改めて繰り返します。
三年前、ひとつ上に5.5点差をつけられてのぶっちぎりビリ。
二年前、ひとりメンバーを代えてその差を埋めビリ脱出。
去年、さらにひとりメンバーを代えて超絶ジャンプアップの四位入賞。
さて、今年は。
相変わらずどこよりも体力を消耗する入場。
これは三年前からの伝統みたいなもの。
入場は派手に、気合いは大きく。
そこに、脇役は常に主役に向かう、生きた技で主役を倒しに行く、止まったり待ったりしない、主役の極技は一本取る技で。
色々とできる事が増え、個人的には全チームの中で一番「複数の相手を想定した実戦」に近かったのではないかと思います。
結果は決勝に進み3位。とうとうメダルを手にしました。
嬉しいけど喜べない。
複雑な感情の6人。
だって欲しかったのは違う色のメダルだったんだもの。
来年、予定では二人メンバーチェンジがあります。
恐らく、最初のぶっちぎりビリを取ったオリジナルメンバーで挑む事になるでしょう。
五年目の再集結。
今年、取れなかった金メダルを来年オリジナルメンバーが取りに行く。
ストーリーは第一部最終章へと入っていきます。
これで取ったらドラマだね。起こしてやろうぜ、ドラマを。


高校生級位法形
さて、お待たせしました高校生の部です。
前回二人しかエントリーがなくいきなり決勝で全選手中最後の出番となりガクブルだった志木のお兄ちゃん。
今年は六名のエントリーがあり、やったぜ予選が出来る!
さらに準備体操の指揮も任されました。
普段規格外の小学生と練習しているので、自分が上達しているのかどうなのかよく分からなくなったり。
多少ナーバスになりかけながらも、「連覇する」と自分に言い聞かせ畳へ。
結果、他を寄せ付けない圧倒的な差で有言実行の二連覇です。
高校生最後、良い思い出ができました。
次は黒帯取って全日本行こうぜ!




どこのコートでも誰かが躍動している今年の志木。
充実している女子世代で3つ推薦枠を取って来てくれたのも大きいです。
総合得点も密かに狙っていた総合優勝にはあと一歩届かず、しかし52ポイントで二位。
山田先生曰く、総合二位は過去最高記録との事。
四年前 1ポイント。
三年前 1ポイント。
二年前 9ポイント。
去年 20ポイント。
今年 52ポイント。
と、五年間でとんでもない上がり方をしています。
もう滅茶苦茶です。ここまで来るともはや現実感がありません。
楽しく、まじめに、一生懸命やっていたら結果は勝手についてくるものです。
稽古は厳しいけど、かく汗は清々しい。筋肉痛も心地良い。

そんな一生懸命な子供達を、アリーナの一番近い場所で応援出来たワタクシが実は一番幸せだったかもしれません。引き換えに喉が潰れましたが。
浜崎先生も天国に行く前の寄り道で、良いお酒が飲めたと思います。
最後の弟子達の活躍、直接報告したかったなあ。。。


さて。
今、志木には現役の子供チャンピオン二人と、現役の壮年チャンピオンが在籍しています。
一般は単純に頭数がないので、大学生、躰道部OB、などなど連絡お待ちしております。


最後に。
審判、役員、大会に関わった全ての方々、ありがとうございました!
志木のとある先生が言いました。
「冗談みたいに言ってたのに本当に強豪になっちゃったな」
でも、まだ伸び代があるのです。




(※ 掲載している分の選手の活躍は保護者の許可を得ております)
# by shikitaido | 2019-08-11 21:00 | 大会
8月以降の予定
日曜日の稽古は11時半までとなります。
11時半以降は高校生以上のみ

情報が二転三転する可能性もありますので定期的にチェックして頂けると助かります。
今後、色々と行事が判明する場合もあります。



・8月25日(日)
南熱海マリンホールにて熱海大会があります。
小学生のみ参加可能。
出場しない選手は通常稽古です。

・9月8日(日)
武道館での稽古となります。

・9月14日(土)~9月15日(日)
秩父合宿予定。

・9月29日(日)
神奈川県大会が東海大学湘南校舎武道館で行われます。
出場しない選手は通常稽古となります。

・10月6日(日)
審査予定。



特に何も表記していない日曜日と水曜日は、通常通りの稽古となります。

日曜日:午前9時~午前11時30分(高校生以上は正午まで)
水曜日:午後7時~午後9時

志木市民体育館柔道場
# by shikitaido | 2019-08-07 21:00 | 予定一覧