>

志木躰道協会


↑この日誌の親ページです。ぜひ見てくださいね!

※投稿に対するコメントは志木のメンバーでなくても自由に書き込みできます!パスワードは第3者による削除防止の為のものなので、適当に設定していただければOKです。例えばこちらに連絡が取りたいときなど話題と関係なくてもどんどんコメントしてください!
> 以前の記事
> 志木市民躰道大会を終えて
皆さま、昨日はお疲れ様でした。
子供達、先生方、城西大学の学生達、保護者の方々、審判を引き受けて下さった方々。

全員の協力があって成り立つ志木市民躰道大会です。
感謝、感謝であります。



大学生は全員、男子は「陰」で、女子は「体」で挑んでおり見ている方は非常に新鮮に感じました。
(通常は男子は男子用の「体の法形」、女子は女子用の「陰の法形」を行います)


子供達の法形競技。
これがデビュー戦だった子、今回初勝利だった子、いい経験になったのではないでしょうか。
来年は子供達による団体法形競技が出来たらいいなあ、なんて思っています。
増やせるのならば試合数も増やしたいですね。
ギャラリーがいて緊張感のある中で試合をする。というのは躰道以外の場においても必ず糧になる貴重な機会ですので。


子供達の実戦競技。
他の先生もおっしゃっていましたが、これは正直、目も当てられない状況でした。
完全に練習不足。ボロボロ。
水曜日、田部先生相手にやっている事が緊張で完全に飛んでしまったのか、6年生の子だけしか躰道をやっていませんでした。
ただ、決勝で蹴りを貰って泣いてしまった4年生。折れかけた心を奮い立たせて続行した事は評価できます。


子供達の試割競技。
我が子も例に漏れず、一撃で割れなかった子は軒並みパニックになってしまっていました。しかし、それも経験です。
そんな中、3年生女子は突きで割れなかった後も判断力を失わず、蹴りに切り替えて割った。という部分について個人的には評価ポイントが高かったです。冷静でした。
優勝した子に関しても同じで、明らかに間合いを間違えた前転をしたけれど、その後無理な体勢になりながらも的確に中央を打ち抜いたのが高得点に繋がったのではないでしょうか。
ここで3位に食い込んだ新人の4年生の今後にも期待です。


一般運足八法競技。
これがデビュー戦となるお父さんもいました。
お父さん、お母さんが本気で頑張っている姿というのも子供達にとってはいい刺激になるでしょう。


体力競技。
俺、がんばった。
筋肉痛、すごい。



全体的に見てもローカル大会らしく非常にいい雰囲気の中で今年1年を締め括れたのではないかな、と感じています。
前田先生、演武お疲れさまでした。ありがとうございました。





実はこっそり大学生には、引退後に志木道場に来て子供達に教えて貰えないかな?という勧誘を行いました。
見ての通り20代どころか30代も壊滅状態なので、来てくれるととても助かります。
大歓迎なのであります!若い力が欲しいんです!
[PR]
by shikitaido | 2014-12-22 21:00 | 大会