>

志木躰道協会


↑この日誌の親ページです。ぜひ見てくださいね!

※投稿に対するコメントは志木のメンバーでなくても自由に書き込みできます!パスワードは第3者による削除防止の為のものなので、適当に設定していただければOKです。例えばこちらに連絡が取りたいときなど話題と関係なくてもどんどんコメントしてください!
> ロンダート
側転からさらに90度捻って後ろ向きに着地する繋ぎ技です。
主に後方系の技の助走として扱われます。

側転との違い
・手は同時に着いて同時に離す
・奥側の手は着地の時の目線の方向に指先が向くように着く
・両腕で床を突き放す
・空中で両足を揃えて着地


まずは歩きながら側転をする事から始めましょう。
慣れてきたら片足ずつで構わないので後ろ向きに着地できるように。
問題なく出来るようならば、助走をスキップに変える。
これが出来たら歩き→スキップ→すぐ側転。という流れでやってみる。
スキップの時に大きく腕を振り上げると良い。
徐々に小走り→スキップ→すぐ側転。にする。
さらに慣れてきたら、着地の足幅を少しずつ狭めていく。

大まかな段階はこんな感じですが、このままでは恐らく着地の重たい(つまり助走として機能しない)ロンダートになってしまいます。
着手時に胸をふくんで両腕で床を突き放し、腹筋を思い切り使って空中姿勢を整えます。
倒立からエビの様な形で両足着地する練習をしましょう。(あふりの練習
(また出てきました倒立。倒立は全ての基本。急がば回れ。まずは倒立を)

ちなみに、バック転に繋げる場合は近い所へ差し込むように膝を曲げて着地。
宙返りへ繋げる場合は遠い所に膝を伸ばして着地します。

手の位置などはちょっと言葉だけでは説明しにくいので、参考になりそうな画像を載せておきます。



蛇足。
実はロンダートには亜種があります。
上記の様に「側方倒立回転4分の1捻り」のような着手の仕方と、「前方倒立回転2分の1捻り」の様な着手の仕方です。
前者ではどうしてもやりにくいという子は、後者のやり方に適性があるかもしれません。
ただし。こればかりは、やった事がないので何ともアドバイスできませんが。

[PR]
by shikitaido | 2016-03-04 21:00 | 運身のコツ