>

志木躰道協会


↑この日誌の親ページです。ぜひ見てくださいね!

※投稿に対するコメントは志木のメンバーでなくても自由に書き込みできます!パスワードは第3者による削除防止の為のものなので、適当に設定していただければOKです。例えばこちらに連絡が取りたいときなど話題と関係なくてもどんどんコメントしてください!
> バック転
後方系最初の難関。そして花型。
「バックハンドスプリング」や「後転跳び」が正式名称なのですが、略す時に誰がちゃんぽんしたのか一般的に「バク転」「バック転」と呼ばれております。

うんちくはさておき。
一番必要なのは「勇気」です!
以上!

と、これで終わってしまってはアレなので技術的な事も書いていきます。

・膝で跳ぶ
膝を伸ばしたまま跳ぶ事は出来ません。
膝を曲げ、一気に伸ばしたバネの勢いで跳びます。

・腕を振る
腕を大きく振ると回転力が増します。

・手の間を見る
跳び上がる時から着地まで、ずっと手と手の間を見続けます。
アゴを引いてはいけません。


ただ跳ぶだけならこの3つさえ出来れば、回れます。
とは言え、怖いものは怖いし、人間が生活する上で不自然かつ不必要な体勢を取るので、まずは脳に教えてあげなくてはいけません。
というわけで、最初にやる事はブリッヂ。あとは倒立
この辺りを繰り返して体が逆さまになるという感覚を脳に覚えさせましょう。
二人組になって背中合わせになり背中のストレッチをする延長でそのまま着手させたり、手の間をずっと見ながら体を反ってブリッヂをしたり、少しずつ慣れていくといいでしょう。
数をこなす事が大事です。
ここから先は経験のある補助師にお願いしましょう。
出来ない子は補助師がいない所で絶対に回らないように。



さて、バック転はあくまで繋ぎ技です。
余裕のある着地から次の技へと繋ぐためには、実はもうワンステップ必要になります。

・膝が抜ける
後方へ跳べずに真上に跳んでしまう子はこれが原因です。
ジャンプした瞬間、爪先より前に膝が出ていると勢いが上に抜けてしまいます。
空気椅子の状態に体が傾くまで我慢してから跳びましょう。
後ろにエバーマットを敷いて倒れる等して恐怖心を克服です。
膝の抜けたバック転は着地が潰れます。

・軌道が曲がる
跳ぶ直前に軸足を下げてしまうのが原因の場合、くるぶしにタオルか何かを挟むと矯正できます。
振り上げた腕がバラバラになってしまうのが原因の場合、恐らく振り下ろした時点で片方の肘が曲がっているのではないでしょうか。

・着手時に肘が曲がる
恐らく膝が抜けて軌道が高いため腕が支え切れていないのが原因。
「膝が抜ける」の項目を参照。

・着手時に肩が出る
腕を振り上げるタイミングが遅いか、首を返すのが早いかのどちらかです。
両手の親指を結んだ線上を見るようにしましょう。

・空中で膝が開く
体操ではないので美しさは求められませんが、膝が揃わないと次への動作が遅れます。
ウンコを我慢するように尻の穴を締めましょう。
膝にタオルを挟んで矯正するやり方もあります。

・着手から着地が遅い
単純に「あふり」が出来ていません。
一番使うのは腹筋です。腹に力を入れましょう。

・着地が重い
膝が抜けているか、肩が出ているか、腕を振っていないか、あふりが出来ていないか、のいずれかだと思います。

あふりが出来ていない
着手時に床を突き放すと同時に、胸をふくみ腹筋を全力で使って足を内側に引き込みます。
ロンダートの着地も同じですが、倒立から勢いをつけて重力に頼らず爪先から着地する練習をするといいです。


10回に1回だったのが9回に1回。8回に1回。
焦らず徐々に成功率を上げていきましょう。

参考になりそうな動画を載せておきます。




[PR]
by shikitaido | 2016-03-23 21:00 | 運身のコツ