>

志木躰道協会


↑この日誌の親ページです。ぜひ見てくださいね!

※投稿に対するコメントは志木のメンバーでなくても自由に書き込みできます!パスワードは第3者による削除防止の為のものなので、適当に設定していただければOKです。例えばこちらに連絡が取りたいときなど話題と関係なくてもどんどんコメントしてください!
> 第40回志木市民武道大会 納会編
お待たせしました、2017年納会編です。

大会に引き続き、大会終了後の納会も保護者パワーが炸裂した2017年。
例年であれば、飲食店での遅い昼食を兼ねての納会でしたが、2017年の志木はチャレンジの年。
競技の増えた大会は、当たり前ですが大会自体の終了時間が遅くなります。
そして、増加した会員数に加えて大会当日はクリスマスイブ。
飲食店での納会は、そういった事情もあり困難との判断が下されました。
納会女王の異名を持つ保護者を筆頭に、俄然母親達のやる気に火が付き、例年とは違った納会にしようと動き始めたのが大会二ヶ月前でした。

予算確認。
納会出席者の確認。
会場予約。
料理、飲料の手配。
食器の手配。
次第作り。
レクリエーションの手配。

保護者達が役割分担を忠実にこなし、準備万端で納会当日に挑みました。
場所は市民会館の宴会場。
司会進行役は、子供達みんなのお兄ちゃん。高1男子。
その補佐を、今大会で一番盛り上がった試合を見せてくれた中一男子が務めます。

しかし、料理も飲み物も並んでいるのに中々納会を始められなかったのは、準備万端だと思っていたのにお皿とコップを用意するのを忘れていたという凡ミスが発覚したからでした。
何事も確認を忘れてはならないと再認識させられました。
慌てて買いに走り、無事納会はスタート。

先生方、子供達、保護者達全員参加のビンゴゲームには六位まで商品が用意され、保護者達が考えた躰道クイズには優勝チームに貴重な「小林先生との個人レッスン券」というご褒美が用意されていました。
(※補足 このチケットは2018年の初稽古で早速使われておりました)

納会は盛り上がり、先生方の稽古の時とは違った顔が垣間見られて子供達にとってもスペシャルな時間を過ごせたのではないかと思います。
クリスマスイブらしくケーキも用意され、極め付けは普段は強面の石川先生がサンタの仮装をして子供達にお菓子のプレゼントを配るサービスも。
急な代役でしたが快く引き受けて下さいました。
そしてみんなからの写真攻撃にも笑顔で答えて頂きありがとうございました。

昨年同様、池内先生による手品のお楽しみもあり、子供達の子供らしい表情がとても可愛かったです。
池内先生、手品お見事でした。そして、ありがとうございました。また来年もよろしくお願い致します。

納会の最後は、毎年恒例1年の反省や来年の抱負を子供達がひとりひとり発表しました。
みんなそれぞれ自分の言葉で紡ぐ思いや目標は真摯で、聞いている保護者達はきっと若い可能性に胸を熱くしたのではないかと思います。
締めとして、チャレンジする事の尊さ、そして子供達の課題である『挨拶』の大切さについて、先生方からお言葉を頂きました。それは、子供達だけではなく、保護者達も肝に銘じなくてはならないお話でした。

例年よりも長い時間でしたが、あっという間に過ぎた2017年の納会。
チャレンジを忘れず、2018年も志木市躰道協会は躍進すると信じています。

(寄稿:納会実行委員)





[PR]
by shikitaido | 2018-01-11 21:00 | イベント