>

志木躰道協会


↑この日誌の親ページです。ぜひ見てくださいね!

※投稿に対するコメントは志木のメンバーでなくても自由に書き込みできます!パスワードは第3者による削除防止の為のものなので、適当に設定していただければOKです。例えばこちらに連絡が取りたいときなど話題と関係なくてもどんどんコメントしてください!
> 以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2011年 06月
2011年 05月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 04月
2005年 03月
<   2016年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
4月以降の予定
今後の予定です。
スケジュールはこちらからも確認できますので、合わせて利用して頂ければと思います。

・4月10日(日)
山梨県大会2016(小瀬スポーツ公園武道館)
第12回神奈川競技会(神奈川県立武道館)
どちらも出ない場合は通常稽古となります。

・5月1日(日)
武道館での稽古となります。
場所は「志木市柏町3-6-19」(氷川神社敷地内)です。


・5月4日(祝水)
例年ですとゴールデンウィーク休みだったりするのですが、展開や団体法形など欲張り盛り沢山で大会出場を目指しているので通常通り18時から稽古を行います。

・5月8日(日)
バーベキュー大会(雨天時は屋根付きの場所で決行)
稽古後に柳瀬川の土手に移動してバーベキューをします。
昨年同様、保護者の皆様のご協力よろしくお願い致します。

・5月中旬あたり
志木市躰道協会総会(体育館会議室)

・6月中旬あたり
東京城北地区大会(練馬武道館)
詳細未定。

・6月26日(日)
埼玉県大会入間武道館
ここを目指して頑張るよ!

・7月31日(日)
第38回全国少年少女躰道優勝大会静岡県中央体育館

・9月22日(木祝)
第26回全国社会人躰道優勝大会(東京武道館)

・11月13日(日)
全日本躰道選手権大会(
BumB東京スポーツ文化館

・12月25日(日)
志木市民躰道大会。納会。


5月に審査を予定していましたが、展開や団体法形出場に比重を置くため延期にします。
ご了承ください。
予定は変更になる可能性もありますので定期的にチェックして頂けると助かります。



特に何も表記していない日曜日と水曜日は、通常通りの稽古となります。

日曜日:午前9時~正午
水曜日:午後6時~午後9時(子供は午後8時まで)

志木市民体育館柔道場

by shikitaido | 2016-03-28 21:00 | 予定一覧
側宙
側方宙返り。
サイドエアリアル。アラビア。カポエイラ式。と呼ばれる片足踏み切りのやり方で説明します。

最初から最後まで地面を見ながら回れるので気持ち的には非常に余裕があります。
側転よりも足を上に強く大きく回して、まずは手前側の手だけの片手側転にチャレンジしてみましょう。
余裕が出てきたら、奥側の手だけの片手側転に移行。
徐々に着く手の力を弱めて着地を意識するようになれば完成。
数をこなせば出来るようになりますが、やや柔軟性が必要なため、開脚が辛い子は時間がかかるかもしれません。
当然ですが、大前提として側転が出来る事。

参考になりそうな動画を載せておきます。



by shikitaido | 2016-03-25 21:00 | 運身のコツ
バック転
後方系最初の難関。そして花型。
「バックハンドスプリング」や「後転跳び」が正式名称なのですが、略す時に誰がちゃんぽんしたのか一般的に「バク転」「バック転」と呼ばれております。

うんちくはさておき。
一番必要なのは「勇気」です!
以上!

と、これで終わってしまってはアレなので技術的な事も書いていきます。

・膝で跳ぶ
膝を伸ばしたまま跳ぶ事は出来ません。
膝を曲げ、一気に伸ばしたバネの勢いで跳びます。

・腕を振る
腕を大きく振ると回転力が増します。

・手の間を見る
跳び上がる時から着地まで、ずっと手と手の間を見続けます。
アゴを引いてはいけません。


ただ跳ぶだけならこの3つさえ出来れば、回れます。
とは言え、怖いものは怖いし、人間が生活する上で不自然かつ不必要な体勢を取るので、まずは脳に教えてあげなくてはいけません。
というわけで、最初にやる事はブリッヂ。あとは倒立
この辺りを繰り返して体が逆さまになるという感覚を脳に覚えさせましょう。
二人組になって背中合わせになり背中のストレッチをする延長でそのまま着手させたり、手の間をずっと見ながら体を反ってブリッヂをしたり、少しずつ慣れていくといいでしょう。
数をこなす事が大事です。
ここから先は経験のある補助師にお願いしましょう。
出来ない子は補助師がいない所で絶対に回らないように。



さて、バック転はあくまで繋ぎ技です。
余裕のある着地から次の技へと繋ぐためには、実はもうワンステップ必要になります。

・膝が抜ける
後方へ跳べずに真上に跳んでしまう子はこれが原因です。
ジャンプした瞬間、爪先より前に膝が出ていると勢いが上に抜けてしまいます。
空気椅子の状態に体が傾くまで我慢してから跳びましょう。
後ろにエバーマットを敷いて倒れる等して恐怖心を克服です。
膝の抜けたバック転は着地が潰れます。

・軌道が曲がる
跳ぶ直前に軸足を下げてしまうのが原因の場合、くるぶしにタオルか何かを挟むと矯正できます。
振り上げた腕がバラバラになってしまうのが原因の場合、恐らく振り下ろした時点で片方の肘が曲がっているのではないでしょうか。

・着手時に肘が曲がる
恐らく膝が抜けて軌道が高いため腕が支え切れていないのが原因。
「膝が抜ける」の項目を参照。

・着手時に肩が出る
腕を振り上げるタイミングが遅いか、首を返すのが早いかのどちらかです。
両手の親指を結んだ線上を見るようにしましょう。

・空中で膝が開く
体操ではないので美しさは求められませんが、膝が揃わないと次への動作が遅れます。
ウンコを我慢するように尻の穴を締めましょう。
膝にタオルを挟んで矯正するやり方もあります。

・着手から着地が遅い
単純に「あふり」が出来ていません。
一番使うのは腹筋です。腹に力を入れましょう。

・着地が重い
膝が抜けているか、肩が出ているか、腕を振っていないか、あふりが出来ていないか、のいずれかだと思います。

あふりが出来ていない
着手時に床を突き放すと同時に、胸をふくみ腹筋を全力で使って足を内側に引き込みます。
ロンダートの着地も同じですが、倒立から勢いをつけて重力に頼らず爪先から着地する練習をするといいです。


10回に1回だったのが9回に1回。8回に1回。
焦らず徐々に成功率を上げていきましょう。

参考になりそうな動画を載せておきます。




by shikitaido | 2016-03-23 21:00 | 運身のコツ
あふり
聞き慣れない言葉ですが、この「あふり」という動作がしっかりと出来るか出来ないかによって、ロンダートやバック転の着地精度が変わってきます。
ブレイクダンサーで言うところの「ドンキー」という技で練習すると良いでしょう。

倒立状態から少し体を弓なりに反らし、その反動を利用して一気に爪先を外側から手首方向に引きつけて着地します。
重心が真下に落ちるのではなく、遠心力を利用して後ろに逃がすような着地をしましょう。

倒立と合わせて自主練習で覚えておきたい技術です。


by shikitaido | 2016-03-17 21:00 | 運身のコツ
エントリー完了
4月10日に行われる山梨県大会2016第12回神奈川競技会のエントリーが確定しました。

山梨
・低学年女子1名

神奈川
・低学年男子4名
・高学年女子2名
・高学年男子2名

合わせて9名が遠征します。
いざ!2016年!

出場しないメンバーは志木で通常稽古がありますので、稽古しながら心の中で応援をよろしくお願いします。
by shikitaido | 2016-03-16 21:00 | 連絡
後転倒立
命の法形くらいしか出番はないかもしれませんが、怪我防止のために覚えておいて損はない技のひとつです。
とは言え、難度としては倒立前転よりも遥かに難しいので習得にはかなりの練習が必要となります。

勘違いしがちなのは使う筋肉。
腕力はほとんど使いません。
ほぼ腹筋です。

あと後頭部で地面を押して起き上がりがちですが、これは怪我をするので絶対にやめましょう。


普通に後転をして、腰が地面に着いたかなくらいの場所で一気に体を伸ばします。
腕は地面を押し返すように。爪先で体全体を引っ張るような感じです。
45度くらいの斜めの倒立をするイメージで。
慣性が働くので、真上に倒立をしようとすると潰れます。

まとめると
・後頭部で押さない
・めちゃくちゃ腹筋使う
・早めに倒立
ポイントはこの3つです。

いつものように、参考になりそうな動画を掲載しておきます。


by shikitaido | 2016-03-15 21:00 | 運身のコツ
心構え
昨日の稽古で宮本先生がおっしゃっていました。
「大事なのは気持ちだ」と。

いつもの場所。いつものメニュー。
気持ちが緩んで、何度も同じ事を注意されがちです。
今週は先週より上手く。来週は今週より上手く。そういう気持ちを持たないと。
マンネリ化してモチベーションを保ちにくい時期だからこそ、意識して自分を奮い立たせなければなりません。
大人でも難しい事ですが。

要するに「やる気」なのです。
大会とかで格好良く活躍している自分を想像して、そうなるためにはどうするか。
コツコツと日々の練習を積み重ねる事が大事なのです。
ちゃんとやれば、ちゃんと上手くなります。
ただ道場に来て、ただ練習をなぞって、ただ時間が過ぎるのを待っているだけでは格好良く活躍なんて到底できません。

「この練習は苦手だから適当にやろう」
「腰を落とすのはつらいから諦めよう」

こういう自分の弱い部分に負けないで欲しい。


要約するとそういうお話でした。
by shikitaido | 2016-03-14 21:00 | 稽古記録
ハンドスプリング
今回は、やや持論が多く含まれます。
ご容赦下さい。

実はバック転より難しいハンドスプリング。
「前ブリッヂ」と「前方転回」の2種類のやり方があります。

前者は「縦開脚倒立ブリッジ起き上がり」を素早く行うもので、肩や腰の柔軟性が求められ、どちらかというと女子向けです。
瞬発力を生かして跳ね上がり、体重を肩に乗せたまま縦開脚を維持して出来るだけ手の近くに1歩目の着地をもっていきます。
胸から起き上がろうとせず、爪先、膝、腰、胸、頭。下から順番に起き上がります。
最後まで顎を引かず、我慢して手と手の間を見ていると無理なく着地できます。
慣れてくれば助走なしでもいけますし、逆足、片手でもいけます。

後者は肩のバネを利用して跳ね上がるもの。
どちらかというと男子向けです。
着手の位置は自分の思っているより遠いです。意識して遠目に着きましょう。
振り足だけでなく蹴り足でも地面を蹴るのを忘れずに。
振り足は大きく遠く上を目掛けて。
着き手の肘は曲げず、肩を入れた時のバネを使って地面を突き放します。
手が着いている時間はほんの一瞬。突き離す方向は前方ではなく上。
最後まで手と手の間、というより極端に言ってしまえば手を着いた場所を見続けたまま着地。

前方系は後方系ほど恐怖心がないのでトライしやすいですが、どうしても着地点に視線が行ってしまいがちです。
そうすると潰れた着地になり、次への技へと繋がりません。
怖いかもしれなけど、最後までアゴを引かないように。

それから、このあたりの難度になってくると、欠点を直そうとすると今まで出来てた事が出来なくなるという一進一退状態に陥ります。(体操あるある)
着手を意識したら踏み切りが甘くなったり、踏み切りを意識したら顎を引いてしまったり。
長い目で見ながら、とにかく反復練習して体に覚えさせる事が必要です。
他の項目でも出ましたが、まずは倒立


例によって参考になりそうな動画を載せておきます。




by shikitaido | 2016-03-08 21:00 | 運身のコツ
ロンダート
側転からさらに90度捻って後ろ向きに着地する繋ぎ技です。
主に後方系の技の助走として扱われます。

側転との違い
・手は同時に着いて同時に離す
・奥側の手は着地の時の目線の方向に指先が向くように着く
・両腕で床を突き放す
・空中で両足を揃えて着地


まずは歩きながら側転をする事から始めましょう。
慣れてきたら片足ずつで構わないので後ろ向きに着地できるように。
問題なく出来るようならば、助走をスキップに変える。
これが出来たら歩き→スキップ→すぐ側転。という流れでやってみる。
スキップの時に大きく腕を振り上げると良い。
徐々に小走り→スキップ→すぐ側転。にする。
さらに慣れてきたら、着地の足幅を少しずつ狭めていく。

大まかな段階はこんな感じですが、このままでは恐らく着地の重たい(つまり助走として機能しない)ロンダートになってしまいます。
着手時に胸をふくんで両腕で床を突き放し、腹筋を思い切り使って空中姿勢を整えます。
倒立からエビの様な形で両足着地する練習をしましょう。(あふりの練習
(また出てきました倒立。倒立は全ての基本。急がば回れ。まずは倒立を)

ちなみに、バック転に繋げる場合は近い所へ差し込むように膝を曲げて着地。
宙返りへ繋げる場合は遠い所に膝を伸ばして着地します。

手の位置などはちょっと言葉だけでは説明しにくいので、参考になりそうな画像を載せておきます。



蛇足。
実はロンダートには亜種があります。
上記の様に「側方倒立回転4分の1捻り」のような着手の仕方と、「前方倒立回転2分の1捻り」の様な着手の仕方です。
前者ではどうしてもやりにくいという子は、後者のやり方に適性があるかもしれません。
ただし。こればかりは、やった事がないので何ともアドバイスできませんが。

by shikitaido | 2016-03-04 21:00 | 運身のコツ
第12回神奈川競技会のお知らせ
神奈川競技会から招待が届きました。
志木としては初になるのかな。
本当にありがたい事です。

というわけで早速概要。
日程:4月10日(日)
場所:神奈川県立武道館(岸根公園)

なんと。
シーズンインしたと思ったらさっそく日程がバッティングしてしまうという不運。
同じ日に開催される山梨大会と選ばなければいけません。
ぐぬぬ。迫られる苦汁の決断。

出場希望者は3月13日(日)の午前中までに申し出て下さい。
少年少女は2500円。一般は3500円の出場費が必要です。
複数種目に出場しても同じ金額です。

競技種目は以下。

少年少女
・自由演武(法形前半部、運足、構え等自由)
・小学生男女低学年法形競技(小学3年生以下男女)
・小学生男女高学年法形競技(小学4~6年男女)
・中学生男女法形競技(中学生男女)
・小学生男子高学年実戦競技(小学4~6年男子)
・小学生女子高学年実戦競技(小学4~6年女子)
・中学生男子実戦競技(中学生男子)
・中学生女子実戦競技(中学生女子)
・団体実戦競技(小学4年生以上男女)
・団体法形競技(学年性別級位問わず)

※ 自由演武は、法形を覚えていない小学生以下が対象です。

一般
・自由演武(法形前半部、運足、構え等自由)
・新人法形競技(5級以下の男女)
・級位法形競技(1級~4級の男女)
・男子法形競技(初段以上男子)
・女子法形競技(初段以上女子)
・男子級位実戦競技(1級~4級の男子)
・女子級位実戦競技(1級~4級の女子)
・男子実戦競技(初段以上の男子)
・女子実戦競技(初段以上の女子)
・団体実戦競技(2級以上男子4名女子1名)
・団体法形競技(性別級位問わず)
・団体展開競技(性別級位問わず)

※ 自由演武は、法形を覚えていない選手が対象です。



大会は4月ですので少年少女は学年を間違えないように。
あぁ。悩む。。。
by shikitaido | 2016-03-02 21:01 | 連絡