人気ブログランキング |
>

志木躰道協会


↑この日誌の親ページです。ぜひ見てくださいね!

※投稿に対するコメントは志木のメンバーでなくても自由に書き込みできます!パスワードは第3者による削除防止の為のものなので、適当に設定していただければOKです。例えばこちらに連絡が取りたいときなど話題と関係なくてもどんどんコメントしてください!
> 以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2011年 06月
2011年 05月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 04月
2005年 03月
<   2016年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
指定法形
段位になると大会で「指定法形」が設定されます。
「旋・運・変・捻・転」これが1年ごとに5年サイクルで。

ちなみに今年は「転」の年なので、「転体」「転陰」が指定法形となります。
去年は「捻」でした。
来年は「旋」です。
察しが良い方はピンと来たかもしれませんが再来年は「運」、その翌年は「変」です。

by shikitaido | 2016-04-30 21:00 | 躰道について
5月以降の予定
・5月1日(日)
武道館での稽古となります。
場所は「志木市柏町3-6-19」(氷川神社敷地内)です。


・5月4日(祝水)
例年ですとゴールデンウィーク休みだったりするのですが、今年は展開や団体法形など欲張り盛り沢山で大会出場を目指しているので通常通り18時から稽古を行います。
展開も団法も完成させて埼玉大会に出場できるよう頑張りましょう!

・5月8日(日)
バーベキュー大会(雨天時は屋根付きの場所で決行)
稽古後に柳瀬川の土手に移動してバーベキューをします。
昨年同様、保護者の皆様のご協力よろしくお願い致します。

・5月22日(日)
11時から12時まで。
志木市躰道協会総会(体育館会議室)
稽古後会議室へ移動し、予算の事はもちろんですが、合宿の詳細についても話し合われるかと思います。

・6月19日(日)
東京城北地区大会(練馬武道館)
5月18日までに参加不参加をお知らせ下さい。

・6月26日(日)
第41回埼玉県大会入間武道館
もう2ヶ月を切りました!
ラストスパートです!

・7月31日(日)
第38回全国少年少女躰道優勝大会静岡県中央体育館

・9月22日(木祝)
第26回全国社会人躰道優勝大会(東京武道館)

・11月13日(日)
全日本躰道選手権大会(
BumB東京スポーツ文化館

・12月25日(日)
志木市民躰道大会。納会。


予定は変更になる可能性もありますので定期的にチェックして頂けると助かります。



特に何も表記していない日曜日と水曜日は、通常通りの稽古となります。

日曜日:午前9時~正午
水曜日:午後6時~午後9時(子供は午後8時まで)

志木市民体育館柔道場

by shikitaido | 2016-04-28 21:00 | 予定一覧
ロンダートバック宙
ロンダートから後方宙返りへと繋げる連続技です。
略して「ロン宙」と呼ばれます。
展開競技をやる上でのひとつの目標地点と言ってもいいかもしれません。

とは言え難易度的には、単発のバック転単発のバック宙ロンバクハンドスプリングよりも大きく下がります。
つまり、簡単なのです。

ロンダートが正しくできるならば。
ロンダートが正しくできるならば!

大事な事なので2回言いました。


ロンダートの着地を手から少し離れた場所にし、膝を曲げず真上に跳びます(実際は慣性が働くので斜め方向への跳躍になります)。
後は最高到達点で腹に力を入れて首を返すだけ。
やることはそれだけです。
つまり、ロンダートの出来が全て。
ロン宙がヘタクソな人は、宙返りがヘタクソなのではなくロンダートがヘタクソなのです。
倒立あふり。基本に戻りながら、まずはロンダートをしっかりと完成させましょう。

宙返りが低くなるのは、首を返すのが早いから。
最高到達点まで我慢しましょう。

あとは抱え込むなり、屈伸するなり、開脚するなり、伸身するなり、スワンするなり、お好みに合わせて。
躰道的には縦開脚スワン宙にするのがいいのかな。


by shikitaido | 2016-04-27 21:00 | 運身のコツ
2016年4月24日(日)
子供14人
大人10人

展開Aチームは通せるようになってきましたが、これをしっかりと30秒以内に収めていかないといけません。
展開Bチームは、まだ1人目がやられる所までしかできていません。なんとかして間に合わせたい所です。
がんばれ!子供達!



そしてそして。
先週に続いて新たに補助なしバック転成功者が誕生しました。
それまで1人もいなかったのに、この1ヶ月で3人目。確率変動。インフレ状態。
どんどん続けー!
by shikitaido | 2016-04-25 21:00 | 稽古記録
バック宙
いわゆるバク宙。後方宙返りです。
実はバック転より簡単ですが、先に宙返りを覚えてしまうとバック転を跳ぶのに苦労するので、先々を考えているならば宙返りから入るのは我慢しましょう。

しかし、誰でもできる準備段階があります。
それは、いつも準備運動でやっている抱え込みジャンプ。
これを手抜きせずしっかりとやっておく事が宙返りへの近道だったりします。
高く、そして膝を胸に着けるくらい抱え込む。着地の時は膝を伸ばす。
これを手抜きしている子には絶対宙返りを跳ばせません。


で、次の段階。
腕を大きく振ってからの垂直抱え込みジャンプ。
両腕で肩から下を引っ張り上げるようなイメージで跳びましょう。


ここまで出来れば後は恐怖心との戦い。必ず補助に入って貰いましょう。
腕を大きく振ってからの垂直抱え込みジャンプで、最高到達点に来たら一気に首を後ろに返します。
その時に、腕は太ももや膝を抱え込むと回転力が増しますが、躰道的にはシチュエーションによって手から着地できるように流した方がいいかもしれません。
ともあれ、十分な高さのジャンプと、抱え込みが出来る腹筋と、首を返す勇気と、経験を積んだ補助師がいればこの段階で宙返りが形になります。

ここまでくれば、後は繰り返すのみ。
補助をつけてひたすら反復する内に、空中で自分がどういう状態にあるのかが分かるようになり、地面を見てから着地する余裕が出来、いつの間にか補助なしでも跳べるようになるでしょう。

いつも通りの参考動画。結局ここのを使ってしまうのは、分かりやすいから。



by shikitaido | 2016-04-20 21:00 | 運身のコツ
2016年4月17日(日)
子供18人
大人13人

小林先生がさくら祭り大会の審判に行っているので展開の進捗が危ぶまれましたが、濱田先生、前田先生、植田先生が子供達のために駆けつけてくれました。
(濱田先生はその後深夜まで仕事だったり、前田先生は少ない休みを空けてだったり、植田先生は夜勤明けだったり)
ありがとうございます!
あと、五十嵐先生までも!
指導者いっぱい、みんなパワーアップ!

展開については、Aチームが一応最後までの流れを一通り。
あとはここから微調整したりクオリティを上げたりという繰り返しの作業になると思います。
Bチームも半分くらいまでが決まってきました。
Aチームに比べて年齢的に差がある分、理解力が劣りますが、子供達はとても一生懸命です。

泣いても笑ってもあと2ヶ月。
さあ!行くぞ!



最後に。
この日、志木道場少年少女2人目の補助なしバック転成功者が誕生しました!
みんな続けー!

by shikitaido | 2016-04-18 21:00 | 稽古記録
神奈川競技会アーカイブ
来年以降に読み返す意味を込めて。

池内先生の記事
横浜道場の記事
志木の記事


いつものように箇条書きで気付いた特徴を書いておきます。

・実戦の審判が3人
・展開の採点はその場で発表しない(時間短縮)
・賞状は優秀選手以上(時間短縮)
・進行がとにかくスピーディで臨機応変でスムーズ
・昼食の調達は容易

by shikitaido | 2016-04-14 21:00 | 大会
山梨県大会と神奈川競技会の報告
4月10日(日)に山梨県大会2016と第12回神奈川競技会が行われたので結果を報告します。


山梨県大会

・法形競技低学年の部
三位

志木から山梨へは1名だけの出場でしたが孤軍奮闘!
あれだけのアウェイ子供大国で3位は立派です!素晴らしい!



神奈川競技会

・法形競技低学年の部
優勝
準優勝
三位
四位

まさかの志木総取り。
四位の子は念願の初勝利。そして三位決定戦での悔し涙。その悔し涙がキミを強くする。
三位の子も準決勝で悔し泣き。しかし、公式戦三大会連続三位決定戦において三度目の正直の三位。
準優勝の子は埼玉大会での三位からのステップアップ。しかし決勝は旗が割れて隠しきれない悔しさ。
優勝の子も埼玉大会準優勝からの前進。公式戦初優勝。おめでとう!
悔しい気持ちは成長の証!
その悔しさ、稽古中にキツイと思ったら思い出すんだ!


・法形競技高学年男子の部
優勝
二回戦敗退

優勝した子は素人目にも圧倒的だったと言って差し支えありません。そこが評価されて少年少女最優秀選手賞も頂きました。
実は、今まで欲しくても欲しくても優秀選手賞にすら手が届かなかった、どうしても欲しかった賞でもあったのです。とても嬉しそうでした。
二回戦で負けてしまった子も紙一重だったと思います。あと1回勝てば午後に残れたので、旗も割れたし個人的にはこの一戦が一番悔しかったです。


・法形競技高学年女子の部
三位
初戦敗退

初戦敗退の子は全て自分で分かっているようだったので、余計な言及はしません。
三位の子も課題を沢山持って帰りました。


・実戦競技高学年男子の部
二回戦敗退
初戦敗退

すみません。高学年女子法形と被っていたので見れませんでした。
法形以上に経験が必要な競技。まだまだ始めたばかり。伸び代たっぷりです。


・実戦競技高学年女子の部
準優勝
三位

緊張感のある中で二試合ずつ。
勝敗抜きに、この二人はとても良い経験ができました。
志木の子供実戦は、これからです!


・少年少女団体実戦
優勝

そもそも志木市の少年少女としてエントリーするのですら数十年ぶりなのではなかろうかという種目。
エントリーした3名が富士市と合同チームを結成する事で出場させて頂く事ができました。
結果よりも、チームとして戦う、仲間を応援する、仲間にアドバイスする。
こういった事を他地区の子とさせて貰えたというのは非常に貴重な財産となりました。
この試合を組んで下さった方々には感謝しかありません。
出場した3名は、この経験を他の子に伝えてあげて欲しいですね。



最後に。
山梨県の皆様。神奈川県の皆様。大会に係わった全ての皆様。
ありがとうございました!
また、よろしくお願い致します。


というわけで、長文になりましたが結果報告となります。
みんなの頑張りが凄くて熱が入りまくってしまい、ほとんど写真を撮れてません。
ホームページの方の写真館、どうしよう。
by shikitaido | 2016-04-11 21:00 | 大会
ロンダートバック転
通称ロンバク。
ロンダートからそのままバック転に繋げる連続技です。

前提としてロンダートバック転の両方ができる必要があります。
それぞれを十分に練習してから挑みましょう。

バック転に関しては、腕を振らずにいきなり跳べるようであれば問題ないでしょう。
倒立からあふり着地をして、そのままバック転が跳べるとなお良いです。

ポイントとなるのはロンダート
この連続技、9割9分ロンダートの出来に左右されると言っても過言ではありません。
着地が重たいと連続技にならないので、しっかりと床を突き放し、腹筋を使って両足を大きく素早く回します。
着地した勢いを使ってそのまま万歳ジャンプが可能であれば上出来です。
あふりの項目を参照)

それぞれの技がある程度出来るようになったら、補助を付けてロンダートから一拍置いてバック転
徐々に繋ぎ目の時間を減らしていきます。
スムーズにやるためにはロンダートの着地で、足をより内側へと差し込まなくてはいけません。
バック転跳ばなかったら立っていられない(後転する)くらい足は中です。(手の近く)
着地時点で既に空気椅子が出来ているのが理想。

ロンダートにしてもバック転にしても、空中で足を振り回すので一番使うのは腹筋です。
慣れてくると単発でバック転を跳ぶより楽チンだったりします。

例によって参考動画を載せておきます。


by shikitaido | 2016-04-07 21:00 | 運身のコツ
実戦のルール
実はまだあまり良く分かっていない実戦のルールですが、加筆修正前提で書き起こしておきます。
頑張って聞き取りしましたが、選手じゃないので経験がなく合っているのかどうか。
指摘して頂ければ都度修正します。


・運足や運身から技を出さないとポイントにならない
・運足を使わないと「運足注意」が与えられる
・技を当てる場所は道着の白い部分
・袴に当てても「不十分」としてポイントにはならない
・顔や頭に当てると「目標注意」が与えられる
・当てなくても危険な場所に向かって蹴ってばかりいると「蹴り角度注意」が与えられる
・構えが雑だと「構え注意」が与えられる
・場外に出ると「場外注意」が与えられる
・「注意」が続くと「警告」となり、さらに続くと「失格」となる
・悪質な反則は一発で「警告」や「失格」になる
・技の入り方、戻り方、当てた場所、深さ、美しさ、気合など総合的に判断されて「有効」「技あり」「一本」のポイントが与えられる
・「有効」二つで「技あり」
・「技あり」二つで「一本」
・「一本」を取るとその場で試合終了
・時間切れの場合、獲得ポイントが多い選手の勝ち
・獲得ポイントが同じの場合、反則ポイントが少ない選手の勝ち
・それも同じだった場合は延長(延長のない試合も多い)
・延長のない試合や延長でも決着が着かなかった場合は「構え」「運足」「積極性」をから審判が勝利に値すると判断した選手の勝ち
・ガツガツぶつかり合うのは躰道ではない


団体実戦のルール
・5人対5人で勝負
・競技監督がじゃんけんをして勝った方が先攻後攻を選ぶ
・先行になったチームから選手を出す
・それを見てから後攻チームは出す選手を選ぶ事が出来る
・以降の試合は先攻後攻を交互に選手選出
・選ぶのは競技監督で相談してはならない
・選手はそれぞれ1~5の持ち番号を持っている
・その持ち番号の技(1なら旋)を当てた場合は、やや甘めにポイントが貰える
・さらに持ち番号プラス1の技(1なら運)も、やや甘めにポイントが貰える
・「甘めに」とはつまり「有効」止まりの技でも「技あり」が貰えるなど
・もちろん、持ち番号以外の技もどんどん使って構わない
・延長なし引き分けあり
・5戦やって勝利数の多いチームの勝ち
・勝ち数が同じ場合は一本勝ちの多いチームの勝ち
・それでも勝敗が着かない場合は代表による決定戦
・その場合1試合目で先攻だったチームが後攻となる
・代表選手は元の番号と同じで出場
・さらに決着がつかない場合は延長戦、そして判定
・逆に途中で勝敗が決したとしても5戦行う


こんな感じかな。
どうだろう。

by shikitaido | 2016-04-05 21:00 | 躰道について