>

志木躰道協会


↑この日誌の親ページです。ぜひ見てくださいね!

※投稿に対するコメントは志木のメンバーでなくても自由に書き込みできます!パスワードは第3者による削除防止の為のものなので、適当に設定していただければOKです。例えばこちらに連絡が取りたいときなど話題と関係なくてもどんどんコメントしてください!
第40回志木市民武道大会 納会編
お待たせしました、2017年納会編です。

大会に引き続き、大会終了後の納会も保護者パワーが炸裂した2017年。
例年であれば、飲食店での遅い昼食を兼ねての納会でしたが、2017年の志木はチャレンジの年。
競技の増えた大会は、当たり前ですが大会自体の終了時間が遅くなります。
そして、増加した会員数に加えて大会当日はクリスマスイブ。
飲食店での納会は、そういった事情もあり困難との判断が下されました。
納会女王の異名を持つ保護者を筆頭に、俄然母親達のやる気に火が付き、例年とは違った納会にしようと動き始めたのが大会二ヶ月前でした。

予算確認。
納会出席者の確認。
会場予約。
料理、飲料の手配。
食器の手配。
次第作り。
レクリエーションの手配。

保護者達が役割分担を忠実にこなし、準備万端で納会当日に挑みました。
場所は市民会館の宴会場。
司会進行役は、子供達みんなのお兄ちゃん。高1男子。
その補佐を、今大会で一番盛り上がった試合を見せてくれた中一男子が務めます。

しかし、料理も飲み物も並んでいるのに中々納会を始められなかったのは、準備万端だと思っていたのにお皿とコップを用意するのを忘れていたという凡ミスが発覚したからでした。
何事も確認を忘れてはならないと再認識させられました。
慌てて買いに走り、無事納会はスタート。

先生方、子供達、保護者達全員参加のビンゴゲームには六位まで商品が用意され、保護者達が考えた躰道クイズには優勝チームに貴重な「小林先生との個人レッスン券」というご褒美が用意されていました。
(※補足 このチケットは2018年の初稽古で早速使われておりました)

納会は盛り上がり、先生方の稽古の時とは違った顔が垣間見られて子供達にとってもスペシャルな時間を過ごせたのではないかと思います。
クリスマスイブらしくケーキも用意され、極め付けは普段は強面の石川先生がサンタの仮装をして子供達にお菓子のプレゼントを配るサービスも。
急な代役でしたが快く引き受けて下さいました。
そしてみんなからの写真攻撃にも笑顔で答えて頂きありがとうございました。

昨年同様、池内先生による手品のお楽しみもあり、子供達の子供らしい表情がとても可愛かったです。
池内先生、手品お見事でした。そして、ありがとうございました。また来年もよろしくお願い致します。

納会の最後は、毎年恒例1年の反省や来年の抱負を子供達がひとりひとり発表しました。
みんなそれぞれ自分の言葉で紡ぐ思いや目標は真摯で、聞いている保護者達はきっと若い可能性に胸を熱くしたのではないかと思います。
締めとして、チャレンジする事の尊さ、そして子供達の課題である『挨拶』の大切さについて、先生方からお言葉を頂きました。それは、子供達だけではなく、保護者達も肝に銘じなくてはならないお話でした。

例年よりも長い時間でしたが、あっという間に過ぎた2017年の納会。
チャレンジを忘れず、2018年も志木市躰道協会は躍進すると信じています。

(寄稿:納会実行委員)





[PR]
# by shikitaido | 2018-01-11 21:00 | イベント
2018年始動
明けましておめでとうございます。
本年も注目度花丸急上昇中の志木市躰道協会を何卒よろしくお願い申し上げます。


初稽古、5人の子供がお休みでしたが「全員来てるんじゃないか?」と思わせる程の活気。
保護者とちょろっとお話をした感じ、年末年始休みの子供達は日曜日や水曜日に躰道がない事に「変な感じがする」と落ち着かなかったようで。
それだけ子供達にとって躰道が身近に存在しているんだなあと思うと、少し感慨深かったりします。

なまった躰を起こし、今年もさらなる成長を目指して、いざ。
[PR]
# by shikitaido | 2018-01-10 21:00 | 稽古記録
第40回志木市民武道大会終了!
常にチャレンジ。
常に進化する志木大会。

保護者の役割も去年よりさらに、賞状の手配、メダルやトロフィーの発注、冊子の作成、大会進行とまで広がり、ますます「自分たちで作る大会」という感じが強くなりました。
大変だけどやりがいがある。
そして、頑張る保護者の背中を見て、子供達も頑張る。
良い循環になるものだと信じています。



新しく取り入れた団体法形競技。
ほぼ全員出場。
女子格上チームを女子新人チームが上回るという波乱もあったりしながら、笑顔と悔しさの他に練習過程も含め勝ち負けだけではない大切な何かを得られた。そんな競技だったように感じます。
男子新人チームも最後までよく頑張りました。
現状、公式戦に出していいレベルには程遠いですが、調和と協調を体で感じるいい機会になったのではないでしょうか。
いずれここから全国大会に再チャレンジ出来るチームが現れるようになればいいな、と。

同じく新競技の団体実戦。
ほとんどの選手が体験した事のない競技です。
「誰が何番をやる?」
個人実戦とはまた少し勝手の違う攻防。
作戦通り自分の番号を出しまくって「一本」が乱れ飛ぶ試合展開。
結局2対2のドローとなり決定戦までもつれこみました。
まずは団体実戦ってこういうものなんだという部分について、やる側も見る側も、ひとつ経験になったと思います。

さて、時系列は戻りまして開幕に行われた試割競技。
運足から。運身から。連動技で。それぞれ自分で考えて得意技で割ります。
23人が、ほぼ同じ技を使わないので去年に引き続き審判泣かせでした。
そんな中で優勝したのは、ロンダートバク転からの跳び旋状で見事に一撃で仕留めた埼玉大会最優秀選手賞男。
全国大会の展開で最後に出していた技。さらにキレが増していました。
中学生までが参加のこの競技で三位に年長さんが食い込むというサプライズも。

続いて個人法形競技。
全国準優勝の三年生女子がワンランク上げて中階で参加。
一般帯を持つ五年生女子もワンランク上げて一般で参加。
大会そのものが初体験の四年生女子。
ギリギリで間に合った恐らく志木大会歴代最年少出場となる年中男子。
その他、旋以外の法形でチャレンジする子多数。
色んな「挑戦」が詰まった競技でした。
何人か初勝利の子もいて、将来忘れられない大会になったかもしれません。
悔しい思いは次への肥やしに!

個人実戦競技。
初階については一回戦で優勝候補同士による対戦が組まれてしまう、くじ引きの妙。
その二人以外は全員この大会が実戦デビューなので、やっぱり例年通りグダグダに。
でも、このグダグダな一歩は誰もが通る道。次に繋がる一歩です。
ここで躰道歴三年の子がようやくようやく初勝利。そして初メダル。次は法形での初勝利を目指してモチベーションに繋げて欲しいですね。
中階も片方の山に強豪がひしめくバランスの悪いトーナメントになってしまいましたが、それもくじ引きです。決まってしまったものはしょうがない。もったいないけど。
それにしても、この年代がそこそこ「実戦」と呼んでいい程度のレベルになってきたのはいい傾向です。二年前はみんなグダグダでした。継続していきましょう!
一般に関しては中学一年生が二人、高校一年生が一人、大学生に混じって参加しました。
中でも三位決定戦に残った中一男子は特筆すべきというか、良い悪いは置いておいて誰に聞いても「一番盛り上がったのはこの三位決定戦だった」と口を揃えて言うでしょう。
毎年「一番盛り上がったのは躰道と全く関係ないビーチフラッグでした」と苦々しく思いながら書いていたわけですが、今年はこの三決が「熱盛」です。
子供達保護者達によるあれだけの大声援をバックに戦う機会なんて、中々経験できる事ではありません。
完全にヒール状態となってしまった大学生はやりにくかったろうなあ。ごめんね。

最後に体力競技。
例年通りビーチフラッグです。
今年は低学年の部を新設しました。
おまけ競技として締めに未就学キッズの部なんてのも。
一般男子の部の三位に保護者が入りました。漁夫の利。棚ぼた。これがビーチフラッグ。
畳でテニスボールなので、ビーチでもフラッグでもないんですが。
毎年言ってますね。これ。

選手宣誓と躰道五条訓。
毎年毎年直前に指名されるわけですが、立派に成し遂げてくれました。
経験あるけど親の方がドキドキしちゃうんですよね。
素晴らしい開幕でした。




謝辞。

香川市長、西川市議会議長、土岐教育政策部長。
代理ではなくご本人が足を運んで下さるのは、躰道に対する期待の表れだと思います。
ありがたい事です。襟を正す思いであります。




審判の先生方。
子供達のためにいつもいつもありがとうございます。
こればかりは保護者が手伝えるものではありませんので、今後ともよろしくお願い致します。



とにもかくにも城西大学躰道部の方々。
体・陰、逆の法形縛りかつ大アウェイ状態の中、毎年毎年ゲスト参戦ありがとうございます。
しかも、今年はクリスマスイブ。
リアルが充実した予定もあったはず。
感謝、感謝であります。
引き続き来年以降もよろしくお願い致します。

その他、関係者の皆様。
ありがとうございました!

沢山の人に支えられて成り立つ大会。志木市躰道協会なのであります。
感謝を忘れず、また来年!


納会編に続く
[PR]
# by shikitaido | 2017-12-26 21:00 | 大会
埼玉県にインフルエンザ注意報発令
昨日(20日)、埼玉県にインフルエンザ流行注意報が発令されました。

志木大会直前です。
手洗い、うがい、湿度の保持、バランスの取れた食事、十分な睡眠。
体調を整えて万全な状態で当日を迎えましょう。
[PR]
# by shikitaido | 2017-12-21 21:00 | 連絡
間もなく志木大会2017
空前絶後。超絶怒涛の志木大会。
12月24日は「志木市民武道大会」という市民大会が志木市民体育館柔道場(いつものとこ)で開催されます。
競技開始は10時から。
「躰道ってなあに?」という一般の方々でも自由に見学して頂いて構いませんので、お時間のある方は志木市民体育館柔道場へどうぞ!
この場所で大会が行われるのは年に1回だけなので、見学するなら今がチャンスですよー。
選手、保護者は設営や準備のため8時半集合となっております。
ジャスティス!



というわけで。
去年一昨年の「低学年法形競技」「高学年法形競技」「低学年実戦競技」「高学年実戦競技」「試割り競技」に加え、「団体法形」「団体実戦」と子供競技は計七種目へとさらに増えました!
三年前までは二種目ないしは三種目だったのに!
熱いぞ志木。


出場者はそれぞれ暫定で
低学年法形・・・7人
高学年法形・・・12人
一般法形・・・・5人
低学年実戦・・・7人
高学年実戦・・・11人
一般実戦・・・・3人
団体法形・・・・5チーム
団体実戦・・・・2チーム
少年少女試割り競技・・・・・23人(+2人)


ゲストとして城西大学生が来てくれます。
毎年毎年、本当にありがとうございます!


最後に。
インフルエンザが流行っているので、手洗い、うがい、睡眠をきちんと取って当日に備えましょう。
[PR]
# by shikitaido | 2017-12-15 21:00 | 大会
2017年12月10日(日)
初~上階   22人
高校~一般   4人
黒帯の方    5人

いよいよ志木市民武道大会に向けて、最後の詰めと
なってきました。

上手にできなくても良い、一生懸命やることが大切、
という先生のお話をよく考えて、本番に挑んで欲しいですね。


今回の目玉は躰道の特徴と言って良い団体競技。
志木市の中で団体競技が成り立つようになったかと、
感慨深いものがあります。

私も一度だけ団体法形を経験しましたが、あの緊張感と
責任感は半端ではありませんでした。自分一人のミスで
全体がダメになるので、必死で演武した覚えがあります。

初めて団体法形に挑戦する子も多いですので、良い経験に
なって欲しいです。


競技種目を増やしたことにより、大会時間が長くなりました。
例年昼過ぎには終わっていましたが、お昼休憩を挟んで競技を
行ない、15時から閉会式予定です。 各自お弁当を持参下さい。

最後には、兄弟や保護者の方も参加できる恒例の体力競技も
予定しています。
是非、動きやすい服装でおいで下さい(笑)。

大会の運営には、保護者各位のご協力が必要です。
係の割り当てがある方もない方も、よろしくお願いします。

(足)

[PR]
# by shikitaido | 2017-12-13 19:00 | 稽古記録
志木広報誌に載る!2017年版
全国大会等の結果を受けて、道場生が志木広報誌に載りました!
やったね!
県大会を飛び越えて、全国でも結果を出したからね!
改めておめでとう!

[PR]
# by shikitaido | 2017-11-30 21:00 | 連絡
12月以降の予定
10月の稽古より一時的に日曜日の稽古は11時半までとなります。
11時半以降は段位以上のみ。

情報が二転三転する可能性もありますので定期的にチェックして頂けると助かります。
今後、色々と行事が判明する場合もあります。


・12月24日(日)
志木市民体育館柔道場(いつもの場所)にて志木市民大会があります。
トーナメント抽選会は1週間前12月17日(日)の稽古後に行います。
大会後、志木市民会館パルシティにて18時~21時で納会があります。

・12月27日(水)
・12月31日(日)
・2018年1月3日(水)
休み

・2018年1月6日(土)
志木市武道連盟鏡開き。
8時45分に着替えた状態で1階の剣道場に集合となります。
鏡開きが終わったら、少し稽古を行います。


・2018年1月7日(日)
稽古初め。

・2018年3月あたり
2017年度後期審査会(予定)



特に何も表記していない日曜日と水曜日は、通常通りの稽古となります。

日曜日:午前9時~午前11時30分(12月以降は正午)
水曜日:午後7時~午後9時

志木市民体育館柔道場
[PR]
# by shikitaido | 2017-11-29 21:00 | 予定一覧
第51回 全日本躰道選手権大会結果
11月26日に行われた全日本大会の結果です。

壮年法形
優勝 田部選手!

2連覇でございます。
そして、3度目の日本一でございます。
子供達の練習に付き合いながらも、しっかりと結果を残すこの素晴らしさ。

改めて、おめでとうございます!
[PR]
# by shikitaido | 2017-11-27 21:00 | 大会
2017年11月19日(日)
遅くなりましたが、先週の稽古日誌です。

初~上階   20人
高校~一般   6人
黒帯の方    8人

体験:未就学児 6人

志木史上最年少(?)の3歳の子が体験したいとのことで、
今のメンバーの妹's、弟'sも一緒に、チビッコ教室を開催しました。
さすがに躰道の技の稽古は難しいので、基礎稽古だけ特別メニューで
実施しました。 

それにしてもみんな運動能力が高い!
両足ジャンプや四つ足も上手にこなせました。
基本技からは無理だと思って休憩にしていたら、稽古を見ながら
構えや技を真似していました。
おぉ、なんとなく海老蹴りになってる!

武道の基本は見て、真似をすること。 
今すぐはできなくても、少しずつ覚えていけたらいいですね。
まずは体力づくりを頑張りましょう。

先生ともご相談しましたが、下記条件で、今後共未就学児の
受け入れをしたいと思います。
・必ず保護者同伴のこと。
・躰道の技の練習はまだ難しいと思うので、体力づくりを
 目的とすること。
・会員でサポートすること。
・水曜の受け入れは難しいので、日曜限定とすること。
・遊び場ではなく、あくまで武道の道場であることをご理解頂くこと。

基礎稽古だけでも身体能力の向上に効果があるので、興味ある子は
是非いらして下さい。

(足)

[PR]
# by shikitaido | 2017-11-27 20:00 | 稽古記録